出典:デジタル大辞泉(小学館)

乾式精錬で、銅の原鉱を溶鉱炉で熱して硫化銅(Ⅰ)の鈹 (かわ) を作り、これを転炉に入れて酸化・遊離させた半製品の銅。