• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いっき‐いちゆう〔‐イチイウ〕【一喜一憂】 の意味

  1. [名](スル)状況の変化に応じて、喜んだり心配したりすること。「試合の途中経過の報に一喜一憂する」
  • いっき‐いちゆう〔‐イチイウ〕【一喜一憂】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・こんな趣きの無い原っぱに、日本全国から、ぞろぞろ人が押し寄せ、汗だくで押し合いへし合い、一寸の土地を争って一喜一憂し、互に嫉視、反目して、雌は雄を呼び、雄は、ただ半狂乱で歩きまわる。

      太宰治「東京八景」

    • ・・・けを、それだけは、こっそり、いとおしみ、それが唯一のプライドだったのだということを、いま知らされ、私の自負していた謙譲だの、つつましさだの、忍従だのも、案外あてにならない贋物で、内実は私も知覚、感触の一喜一憂だけで、めくらのように生きていた・・・

      太宰治「皮膚と心」

    • ・・・から省みて聊か不愉快を感ずるもまた人生の至情に免かるべからざるところなれば、その心事を推察するに、時としては目下の富貴に安んじて安楽豪奢余念なき折柄、また時としては旧時の惨状を懐うて慙愧の念を催おし、一喜一憂一哀一楽、来往常ならずして身を終・・・

      福沢諭吉「瘠我慢の説」