出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。四番目物観阿弥作。卒都婆に腰を掛けて高野山の僧にたしなめられた老女小野小町が、狂乱の体となり、百夜通いのありさまを再現する。そとわこまち。
(卒塔婆小町)三島由紀夫の戯曲。をモチーフとする1幕の近代劇。昭和27年(1952)「群像」誌に発表。同年、長岡輝子の演出により文学座アトリエにて初演。「近代能楽集」の作品のひとつ。

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉