出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. タデ科の一年草。高さ40~70センチ。茎は赤みを帯び、葉は心臓形で先がとがる。夏または秋、白色や淡紅色の花びら状の萼 (がく) をもつ小花を総状につける。実は三角卵形で緑白色、乾くと黒褐色になり、ひいてそば粉を作る。中央アジアの原産で、古く渡来し栽培される。そばむぎ。くろむぎ。 花=秋》「山畠や―の白さもぞっとする/一茶

  1. 《「蕎麦切り」の略》蕎麦粉につなぎを加え、水でこねて薄く延ばし、細く切ったもの。ゆでてつけ汁につけたり、汁をかけたりして食べる。

  1. 2に似た細長い麺。「中華蕎麦」「沖縄蕎麦」

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語