出典:デジタル大辞泉(小学館)

わきの方から見ること。第三者として見ること。また、その見えるようす。はた目。「側目には上品に見える」