出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ヤ下二]《「そば(戯)う」が中世以降ヤ行に転じて用いられた語。終止形は「戯ゆる」となる例が多い》「そばえる」に同じ。
  • 「此の間は久しう乗らぬに依って、殊の外―・ゆる事ぢゃ」〈虎寛狂・止動方角