出典:デジタル大辞泉(小学館)

連歌・俳諧で、天象のうち、雲・霞 (かすみ) ・霧・煙などをいう語。連歌では3句隔てるものとする。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉