ソフト【soft】例文一覧 6件

  1. ・・・我々は羽根のついた帽子をかぶらず、ソフトや中折をかぶるように、祖先の猿だったことを信じ、幽霊の実在しないことを信じ、地球の円いことを信じている。もし嘘と思う人は日本に於けるアインシュタイン博士、或はその相対性原理の歓迎されたことを考えるが好・・・<芥川竜之介「侏儒の言葉」青空文庫>
  2. ・・・そうして鼠色のオオヴァ・コオトに黒のソフトをかぶっている私に、第二の私に、何か話しかけているように見えました。閣下、その日は私も、この第一の私も、鼠色のオオヴァ・コオトに、黒のソフトをかぶっていたのでございます。私はこの二つの幻影を、如何に・・・<芥川竜之介「二つの手紙」青空文庫>
  3. ・・・ その時、トンビを着て茶色のソフトを被った眼の縁の黝い四十前後の男が、キョロキョロとはいって来ると、のそっと私の傍へ寄り、「旦那、面白い遊びは如何です。なかなかいい年増ですぜ」「いらない。女子大出の女房を貰ったばかりだ」済まして・・・<織田作之助「世相」青空文庫>
  4. ・・・手といったら、それこそ植木屋さんに逆もどりだけれど、黒いソフトを深くかぶった日蔭の顔は、植木屋さんにして置くのは惜しい気がする。お母さんに、三度も四度も、あの植木屋さん、はじめから植木屋さんだったのかしら、とたずねて、しまいに叱られてしまっ・・・<太宰治「女生徒」青空文庫>
  5. ・・・その頃は今のようにソフトをつかわず、西洋洗濯から糊がごわごわについてテラリと艷出しをしたのが運ばれます。そのカフスに、指の跡をつけないよう、ボタン穴のところをくずさないよう、小さい私は目玉に力を入れてボタンをつけかえる。それを着ると父はカラ・・・<宮本百合子「父の手帳」青空文庫>
  6. ・・・ 近頃にないほど感情の妙にたかぶって居る女を、別にとめようともしないで男は一緒に上り口から軽るそうなソフトを一寸のっけて年の割に背のひくい男(の白い爪先を見ながら、ふところ手をして歩いた。 二人はおうしにされた様におしだまって、頭の・・・<宮本百合子「芽生」青空文庫>