出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「背 (そ) 向く」の意》

[動カ五(四)]
    1. ㋐取り決めたことや目上の人の考え・命令などに従わずに反抗したり反対したりする。さからう。「約束に―・く」「親の言いつけに―・く」

    2. ㋑謀反する。はむかう。「主君に―・く」

  1. 世間や、ある人のもとから離れて行く。去る。離反する。「世を―・く(=出家する)」「妻にまで―・かれる」

  1. 予想されることと反対の結果になる。「四番打者の名に―・かぬ大活躍」「ファンの期待に―・く」

  1. その方向に背中を向ける。

    1. 「結び灯台のうす暗い灯 (ひ) に―・いて」〈芥川・偸盗〉

[可能]そむける
[動カ下二]そむける」の文語形。
[用法]そむく・[用法]さからう――「親に背く(逆らう)」「主人の意に逆らう(背く)」などの場合、目上の人の言うことを聞かないの意では相通じて用いられる。◇「そむく」は、反抗の意思を言葉よりも行動で表す方に重点がある。「期待にそむく」「約束にそむく」「…の名にそむく」などの使い方は、「さからう」にはない。◇「さからう」は、反抗の意思を言葉や行動で表すことで、「上司にさからって左遷される」は、従わないことから口答えまでを背景に含んでいる。◇「川の流れにさからって泳ぐ」の使い方は「そむく」にはない。◇類似の語「たてつく」は、よりはっきりと反対の意思を言葉と行動に表すことで、特定の対象にしぼられる。「権力(教師)にたてつく」

出典:青空文庫