出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 風が静かに心地よく吹くさま。また、風に吹かれて草木の葉などがかすかに音をたてて揺れ動くさま。「春風がそよそよ(と)吹く」「木の葉がそよそよ(と)揺れる」

  1. 広く、物の触れ合う音や物の動くときに発する音を表す語。がさがさ。

    1. 「谷の底のかたより、物の―と来る心地のすれば」〈宇治拾遺・六〉