出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 頭上はるかに高く広がる空間。天。天空。「東の―が白む」「鳥のように―を飛び回りたい」「―高く舞い上がる」

  1. 晴雨などの、天空のようす。天候。空模様。「今にも降り出しそうな―」

  1. その人の居住地や本拠地から遠く離れている場所。または、境遇。「異国の―」「旅の―」「故郷の―を懐かしむ」

  1. (多く「そらもない」の形で)心の状態。心持ち。心地。また、心の余裕。「生きた―もない」

    1. 「観菊などという―は無い」〈二葉亭浮雲

  1. すっかり覚え込んでいて、書いたものなどを見ないで済むこと。「山手線の駅名を―で言える」

  1. 家の屋根や天井裏、木の梢 (こずえ) など、高いものの上部。てっぺん。

    1. 「それがしが木の―にゐれば」〈狂言記・柿山伏

[形動ナリ]
  1. 他に心を奪われ、ぼんやりして当面の事柄に対応できないでいるさま。うわのそら。

    1. 「たもとほり往箕 (ゆきみ) の里に妹を置きて心―なり土は踏めども」〈・二五四一〉

  1. はっきりした理由もなく事が起こるさま。偶然。

    1. 「二人の人、同じ夜、―に相会へり」〈今昔・九・三三〉

  1. 確かな根拠もなく推量するさま。

    1. 「それ、しかあらじと、―にいかがは推し量り思ひくたさむ」〈・帚木〉

[接頭]名詞・動詞・形容詞などに付く。
  1. それらしく思われるが実際はそうでない、という意を表す。うそ。いつわり。「―涙」「―笑い」「―とぼける」

  1. 実体のない、事実でない、などの意を表す。「―耳」「―音 (ね) 」

  1. あてにならない、信頼できない、などの意を表す。「―頼み」

  1. はっきりした理由のない、わけのわからない、なんとなく、などの意を表す。「―恐ろしい」「―恥ずかしい」