出典:デジタル大辞泉(小学館)

心が乱れて落ち着かないさま、足もともおぼつかないさまのたとえ。

「冠などの落ち行くも知らず、―・む心地して」〈増鏡・月草の花〉