出典:デジタル大辞泉(小学館)

[代]

  1. 不定称の指示代名詞。その名がわからない人や事物をさす。また、その名をわざとぼかしていう場合にも用いる。だれそれ。なになに。某 (ぼう) 。なにがし。

    1. 「内大臣、右大将藤原朝臣―」〈宇津保・楼上下〉

  1. 一人称の人代名詞。わたくし。

    1. 「―が栗毛の馬は」〈沙石集・八〉

[補説]2は中世以降の用法。もとは謙譲の意であったが、のちには尊大の意を表す。主に男子の用語。