出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《「しき」は副助詞》その程度。それくらい。「わずか」「たった」のような軽んずる気持ちを言外に含む。「其れ式のことに驚くな」