ソログープ【Fyodor Kuz'mich Sologub】例文一覧 3件

  1. ・・・ ここは、もと象徴派の詩人ソログープの邸宅だった。一九三〇年の二月、作家クラブがおかれるようになった。 広い前庭だ。 太い柱列の間の入口から、立派な石の正面階段を昇ってゆくと、左手の柱に喫茶所 プロレタリア作家の間に行われている・・・<宮本百合子「ソヴェト文壇の現状」青空文庫>
  2. ・・・一九一六年にロシアの警保局が莫大な金をつかって『ロシアの意志』という、殆ど革命的な新聞を発刊し、アンドレーエフや、ブーニン、クープリン、ソログープなどを動員したことがあった。その時、極く少数の作家がそれへの参加を拒絶したのであったが、ゴーリ・・・<宮本百合子「マクシム・ゴーリキイの発展の特質」青空文庫>
  3. ・・・バリモント、メレジェコフスキー、ソログープ、チェホフもトルストイも、ロシアにどのような力ですでに労働階級が発育しつつあるかを理解しなかった。ゴーリキイもロイコ・ゾバールの物語では労働階級の存在にも問題にもふれていない。一見彼もプロレタリアー・・・<宮本百合子「マクシム・ゴーリキイの人及び芸術」青空文庫>