出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 雅楽器の一。細腰鼓 (さいようこ) の最小のもの。順次に二鼓・三鼓と大きくなる。中世には一鼓だけが古楽用楽器として残り、さらにそれも羯鼓 (かっこ) で代用されるようになった。

  1. 雅楽の舞曲。雑楽。左方の二人舞で、一人は一鼓、一人は二鼓を首からつるし、裹頭楽 (かとうらく) に合わせて打ちながら舞う。番舞 (つがいまい) は蘇利古 (そりこ) 。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉