出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副](「一向に」の形で用いる)
  1. 全然。まったく。「何を言われても一向に動じない」

  1. (あとに打消しの語を伴って)ちっとも。少しも。「一向に存じません」「服装には一向に構わない」

  1. ひたすら。いちずに。

    1. 「その儀では候はず、―御一家の御上とこそ承り候へ」〈平家・二〉

  1. いっそのこと。むしろ。

    1. 「さもなくば―に時宗が首討って」〈浄・大磯虎〉

[形動][文][ナリ]《近世江戸語》話にならないほどひどいさま。全くひどいさま。
    1. 「今日は―なものさ。この腹ぢゃあ飲めやせん」〈洒・通気粋語伝〉