出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町・戦国時代に近畿・北陸・東海地方に起こった一向宗浄土真宗)門徒の一揆。僧侶、門徒の農民を中心に、名主地侍が連合して、守護大名荘園領主と戦った。加賀一揆のように一国を支配したものもあったが、天正8年(1580)の石山本願寺に対する織田信長の石山合戦を最後に幕を閉じた。