出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]《「しき」は副助詞》まさにその状態そのものであるさま。まったく。まるっきり。
  • 「此娘 (このこ) はズー体ばかり大くッても―なお懐 (ぽっぽ) だもんだから」〈二葉亭浮雲