出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 目上の人。身分の尊い人。

    1. 「君主一人を無上の―として之を仰ぎ」〈福沢福翁百話

  1. (梵)āyuṣmatまたはāryaの訳。前者は長寿、後者は高貴の意》仏弟子や阿羅漢などの尊称。のちに祖師や先徳にも用いる。「日蓮尊者」

  1. 大臣などの大饗 (たいきょう) のとき、正客として上座に座る人。親王または位の高い人を選ぶ。

    1. 「小野宮の大臣の大饗行ひ給ひけるに、九条大臣は―にてなむ参り給へりける」〈今昔・二四・三〉

  1. 裳着 (もぎ) の式のとき、腰のひもを結ぶ役。腰結い。

    1. 「―の大臣の御引出物など、かの院よりぞ奉らせ給ひける」〈・若菜上〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉