ぞんじ‐より【存じ寄り】例文一覧 2件

  1. ・・・貴殿の御存じ寄り通りになるものとのみ、それがしを御見積りは御無体でござる。」「ム」「申した通り、此事は此事、左京一分の事。我等一党の事とは別の事にござる。」「と云わるるは。扨は何処までも物惜みなされて、見す見す一党の利になること・・・<幸田露伴「雪たたき」青空文庫>
  2. ・・・薬品注射の末おそろしさに関しては、貴兄すでに御存じ寄りのことと思いますので、今はくり返し申しません。しかしそれは恋人を思いあきらめるがごとき大発心にて、どうか思いあきらめて下さるよう切望いたします。仏典に申す『勇猛精進』とはこのあたりの決心・・・<太宰治「虚構の春」青空文庫>