そん‐ぜん【尊前】例文一覧 1件

  1. ・・・不折の油画にありそうな女だなど考えながら博物館の横手大猷院尊前と刻した石燈籠の並んだ処を通って行くと下り坂になった。道端に乞食が一人しゃがんで頻りに叩頭いていたが誰れも慈善家でないと見えて鐚一文も奉捨にならなかったのは気の毒であった。これが・・・<寺田寅彦「根岸庵を訪う記」青空文庫>