出典:デジタル大辞泉(小学館)

皇室を神聖なものとして尊敬することを主張した思想。古代の天皇神聖の思想が近世において展開し、幕末には攘夷論と結び、明治維新には王政復古論として現れ、明治以後の絶対主義天皇制の基礎となった。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉