出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代からの、さいころを使った遊戯の一。さいの目の大小で勝敗を決める。

「宮にも、殿上人集まりて―打ち、遊びするに」〈宇津保・あて宮〉