出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド東部、西ベンガル州の保養都市。ヒマラヤ山脈南麓の標高約2050メートルの高地に位置する。英国統治時代に避暑地として開発され、英国風の街並みが残っている。茶の名産地。平野部とを結ぶダージリン‐ヒマラヤ鉄道はアジア最古の登山鉄道であり、1999年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:青空文庫