出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 物をのせるもの。また、人がのるためのもの。「人形を台の上に据える」「踏み台」

  1. 周囲よりも高い平らな土地。地名の一部として用いられることが多い。

  1. ものの基礎となるもの。土台。ベース。「ケーキの台を焼く」「プラチナ台の指輪」

  1. 台木」の略。「接ぎ木の台にする」

  1. 物見などのために築いた高い建物。高殿。高楼。うてな。

    1. 「楚王の―の上の夜の琴 (きん) の声」〈・東屋〉

  1. 台盤」の略。

    1. 「御―などまかでて」〈紫式部日記

  1. 食事。

    1. 「―など参りたれば、少し食ひなどして」〈かげろふ・下〉

[接尾]助数詞。
  1. 車両や機械などを数えるのに用いる。「計算機3台」

  1. 年齢や値段などのおおよその範囲を表すのに用いる。「20歳台で父を失う」「1ドルが100円台になる」

  1. 印刷や製本で16ページ分あるいは32ページ分などを1台として、その数を数えるのに用いる。折 (おり) 。「16台256ページの本」

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉