出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良市大安寺町にある高野山真言宗の別格本山。南都七大寺の一。推古天皇25年(617)聖徳太子の発願で建立された熊凝精舎 (くまごりしょうじゃ) に始まると伝え、その後、十市郡に移り百済 (くだら) 大寺、高市郡に移り高市大寺、のち大官大寺と改称。霊亀2年(716)平城京に移り、大安寺となった。奈良時代、三論宗の根本道場として道慈などが活躍。東大寺に次ぐ大寺で、南大寺とも称された。中世以降、衰微。