出典:デジタル大辞泉(小学館)

恒温動物で、体温をいつもほぼ一定に調節する作用。大脳にある体温中枢によって支配され、外界の温度が高いときは発汗や呼吸を盛んにして放熱し、低いときは体表の血管を収縮させて放熱を防いだり、筋肉を活動させて体温を上げたりする。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース