出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都市右京区にある真言宗大覚寺派の大本山。山号は嵯峨山。もと嵯峨天皇の離宮であったが、貞観18年(876)皇女正子が仏寺とした。開山は恒寂法親王。以後代々、法親王が入寺。のち、後嵯峨亀山上皇に続いて、後宇多上皇が入寺して中興。所蔵の後宇多天皇宸翰「御手印遺告」「弘法大師伝」は国宝。嵯峨御所。大覚寺門跡。