出典:デジタル大辞泉(小学館)

大化元年(645)から翌年にかけて中大兄皇子 (なかのおおえのおうじ) 中臣鎌足 (なかとみのかまたり) が中心となって行った、蘇我氏打倒に始まる一連の政治改革。唐の律令制を手本として、公地公民制による中央集権国家建設を目的としたもの。皇族豪族の私有地・私有民の廃止、地方行政制度の確立、班田収授の法の実施、租庸調などの統一的な税制の実施などをうたった改新の詔 (みことのり) を公布。大宝元年(701)の大宝律令の制定によってその政治制度は確立した。