出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 即位式朝賀など、朝廷で行われる最も重要な儀式。大典。→中儀小儀

  1. 重大な事柄。大事なこと。「大儀の前の小儀」

  1. やっかいなこと。また、そのさま。おっくう。めんどう。「今から出かけるのは大儀だ」

  1. 疲れなどのため何もする気になれないこと。また、そのさま。「すわっているのも大儀そうに見える」

  1. 他人の労をねぎらうときに用いる語。ご苦労。

    1. 「『―じゃ』と、利仁が声をかける」〈芥川・芋粥〉

  1. 費用のかかること。また、そのさま。

    1. 「縁付きの時分、さのみ―になきやうに、覚悟よろしき仕方なり」〈浮・胸算用・三〉

出典:青空文庫

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース