出典:デジタル大辞泉(小学館)

地球大気の上層部に宇宙線が衝突することで生じるニュートリノ宇宙線(主に高エネルギーの陽子線)が大気分子の原子核と衝突してできるπ中間子μ粒子が崩壊し、電子ニュートリノとμニュートリノが生成される。日本のスーパーカミオカンデによる大気ニュートリノ観測実験において、大気上層部から飛来するニュートリノと地球の裏側から地球内部を通って飛来するニュートリノの数を比較することで、ニュートリノがわずかにでも質量をもつ場合に起こるニュートリノ振動という現象が確認された。