たいき‐ばんせい【大器晩成】 の意味

  1. 《「老子」41章から》大きな器が早く出来上がらないように、大人物は世に出るまでに時間がかかるということ。
  • たいき‐ばんせい【大器晩成】の例文

    出典:青空文庫

    • 大器晩成の自信があるんだ。

      太宰治「失敗園」

    • 大器晩成

      太宰治「懶惰の歌留多」

    • 大器晩成

      寺田寅彦「変った話」