出典:デジタル大辞泉(小学館)

君臣・父子の別をわきまえ、上下の秩序や礼節を重んじる思想。江戸時代、封建社会の倫理的支柱とされ、幕末には天皇に対する忠誠を求める尊王論へとすり替えられた。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉