だい‐きょう【大凶/大×兇】例文一覧 1件

  1. ・・・成らぬてや。成らぬてや。大凶大凶よの。」と、まず大仰に嚇かして、それからまた独り呟くように、「この縁を結んだらの、おぬしにもせよ、女にもせよ、必ず一人は身を果そうじゃ。」と、云い切ったろうじゃありませんか。かっとしたのは新蔵で、さてこそ命・・・<芥川竜之介「妖婆」青空文庫>