出典:デジタル大辞泉(小学館)

正月8日から14日までの7日間、宮中の治部省(後世は醍醐理性院)で、国家鎮護のために大元帥明王を本尊として行った修法。敵国降伏を祈願して臨時に行うこともあった。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉