たい‐ご【対語】 の意味

  1. 向かい合って話をすること。
  1. 意味の上で対立・反対、または対照的な語。「白⇔黒」「積極⇔消極」「上⇔下」「長い⇔短い」「和⇔洋」など。対義語。ついご。
  1. 熟語で相対する事物からなるもの。「男女」「干満」「日月」「和漢」など。ついご。
  1. 一つ一つの単語に対応していること。
  • 名詞

たい‐ご【対語】の慣用句

  1. たいごルビ【対語ルビ】