出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「老子」45章から》真の名人は小手先を使ってよく見せようとはしないから、一見つたないように見える。