たい‐こう〔‐カウ〕【対校】例文一覧 2件

  1. ・・・彼は昔ある対校試合に、左の臂を挫きながら、五人までも敵を投げた事があった。――そういう往年の豪傑ぶりは、黒い背広に縞のズボンという、当世流行のなりはしていても、どこかにありありと残っている。「飯沼! 君の囲い者じゃないか?」 藤井は・・・<芥川竜之介「一夕話」青空文庫>
  2. ・・・ 地方の女学校に教師をしている友達が、面に恐怖を浮べて、対校競技の時他の教師達がこぞって競争学校の生徒に対する女学生の敵愾心、反感を煽る有様について語ったことをも、現実の問題として思い浮ぶのです。〔一九三三年十一月〕・・・<宮本百合子「現実の問題」青空文庫>