出典:デジタル大辞泉(小学館)

いちばんはじめ。おおもと。特に、天地の開けたはじめ。太初。