出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. (あとに打消しの語を伴って)特に問題にする程度ではないさま。さほど。それほど。「大して気にかけてはいない」

  1. 程度のはなはだしいさま。大いに。

    1. 「角力になりましてからは―惣次郎も贔屓 (ひいき) にして」〈円朝・真景累ヶ淵〉

出典:青空文庫