たい‐しゃ【代謝】例文一覧 1件

  1. ・・・が、新たに入社するものはこの伝統の社風に同感するものでも、また必ずしも沼南の人物に推服するものばかりでもなかったから、暫らくすると沼南の節度に慊らないで社員は絶えず代謝して、解体前の数年間はシッキリなしにガタビシしていた。 就中、社員が・・・<内田魯庵「三十年前の島田沼南」青空文庫>