出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 行為の目標となるもの。めあて。「幼児を対象とする絵本」「調査の対象」

  1. 哲学で、主観・意識に対してあり、その認識や意志などの作用が向けられるもの。

出典:青空文庫

出典:gooニュース