だいしょうじ〔ダイシャウジ〕【大聖寺】例文一覧 1件

  1. ・・・――ああ、その時お光のかぶったのは、小児の鳥打帽であったのに―― 黒い外套を来た湯女が、総湯の前で、殺された、刺された風説は、山中、片山津、粟津、大聖寺まで、電車で人とともに飛んでたちまち響いた。 けたたましい、廊下の話声を聞くと、・・・<泉鏡花「みさごの鮨」青空文庫>