出典:デジタル大辞泉(小学館)

論理学で、対当関係の一。主語と述語、また質(肯定・否定)を同じくするが、量(全称・特称)を異にする二つの判断の真偽関係。→対当関係

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉