いっしん‐たすけ【一心太助】 の意味

  1. 戯曲・浪花節 (なにわぶし) ・講談の主人公。江戸で魚屋を営み、江戸っ子かたぎの侠気に富んだ人物で、大久保彦左衛門の愛顧をうけたという。歌舞伎「名高手毬諷実録 (なにたかしまりうたじつろく) 」などに登場する。
  • 名詞