出典:デジタル大辞泉(小学館)

大腿の中軸をなす骨。人体の中で最も大きい管状骨。上端は球状となって股関節 (こかんせつ) をつくり、下端は太くなって膝関節 (しつかんせつ) をつくる。