だいちょう‐さ〔ダイテウ‐〕【大潮差】 の意味

  1. 潮の干満の差が最も大きいときの平均的な差の値。