出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、太政官 (だいじょうかん) の次官。大臣に次ぐ官で、正三位相当。大臣とともに政務に参与し、大臣不参のときは代行した。亜槐 (あかい) 。亜相。おおきものもうすつかさ。

  1. 明治初期の太政官制における官職。左右大臣・参議とともに太政官を構成した。

  1. 大納言小豆 (あずき) 」の略。