出典:デジタル大辞泉(小学館)

仮名文字を習得するための、同じ仮名を二度用いないで47字全部を使った五・七調の歌。「あめつちの詞 (ことば) 」に次いで作られ、「いろは歌」に先行するものと考えられている。源為憲 (みなもとのためのり) の「口遊 (くちずさみ) 」にみえる。「たゐにいて(田居に出で)なつむわれをそ(菜摘む我をぞ)きみめすと(君召すと)あさりおひゆく(あさり追ひ行く)やましろの(山城の)うちゑへるこら(打ち酔へる子等)もはほせよ(藻は干せよ)えふねかけぬ(え舟繋けぬ)」